プーケットサーフィンインフォメーション

プーケットサーフィンインフォメーション

プーケット サーフスポット

サーフィンできるのは西側のビーチで、西から南西よりの風が吹くとサイズアップし、腰~胸肩くらいの波はコンスタントにあります。基本的には1日中変わらないオンショアの風波だと考えてよいですが、風が数日強く吹いた後に風がおさまったタイミングを狙うと、コンディションのいい波に出会えます。
また、風が変わる季節の変わり目(10月)も狙い目です。入り組んだ海岸線なので場所によって若干の違いはありますが、波質に大差はなくメローなファンウェイブです。
※波の状態や天候は、その時の状況によって変わりますのであくまでも参考としてご覧ください。

NAI YANG BEACH ナイヤンビーチ

緑溢れる国立記念公園の中にあり、自然の姿がそのまま残されている美しいビーチ。遠浅でサイズがあがったときはアウターリーフでサーフ可能。

NAITON BEACH ナイトンビーチ

ナイヤンビーチから車で10分ほど南に下ったところにあるビーチ。水の透明度はプーケットの中でも群を抜く。ビーチにもごみがほとんどなく、観光客が訪れないスポットなので、ふたりきりのビーチを狙うならココ!

LAYAN BEACH ラヤンビーチ

もともとは沼地だったところが、ビーチ沿いに開発され、プーケットの中でも屈指の美しいリゾートとなったラグーナ地区。高級ホテルが建ち並び、スパやゴルフ場もあるため、のんびりしたい人におすすめ。

SURIN BEACH スリンビーチ

アマンプリなど高級リゾートが立ち並ぶエリアに位置する。このビーチの入り口には、近所のローカルが集まる屋台が密集していて、雰囲気のいい茅葺き屋根のビーチサイドレストランでは手頃で旨いタイ料理を堪能できる。

KAMALA BEACH カマラビーチ

コンスタントに波があり、
KAMALA GO SURFING CLUBというローカルサーフィンチームの基地(写真の小屋)がある。波があれば仲間が自然とここに集まってくる。北部イスラム圏のポイントなので、ローカルはイスラム以外は入れない。ボトムが砂利なので、地形が安定していて、風の強い日でも影響を受けにくい。ただし、ドン深なので潮が満ちていると割れづらく、ロータイドが狙い目。腰以上のサイズでのみブレイクする。岩が隠れているので注意! 

KALIM BEACH カリムビーチ

パトンから車で5分。数年前からここでローカルの大会が行われている。底はロックなので干潮時はサーフィンできない。風の影響を受けにくく、きれいにブレイクしロングライドできる波だが、ボトムはゴチゴチのリーフで注意が必要なので波が小さくても危険度が高い。ローカル度の高い、中級者以上のポイント。

PATON BEACH パトンビーチ

プーケットで最も古くからリゾート開発が始まったビーチ。今も観光のメッカとして昼も夜もプーケットの活気を一手にひきうけている。カイトサーフィンや水上バイクなども盛ん。潮の動く時間帯を中心にサーフィンできるが波を当てるのはなかなか難しい。

PARADISE BEACH パラダイスビーチ

パトンビーチの南側の岬に位置するプライベートビーチ。波はあまり期待できないが、ロマンチッックビーチとしてはNO.1!

KARON BEACH カロンビーチ

パトンよりも静かで落ち着いていて、欧米からのリピート客も多いエリア。周辺にはおしゃれなホテルやレストランが多く、カップルにおすすめ。湾南側の端のブレイクが狙い目。 海はカレントが強いので要注意。ビキナーにはおすすめ出来ません。

KATA BEACH カタビーチ

プーケットで一番波がコンスタントにあるビーチ。サイズもパトンよりひとまわり大きいことが多い。レンタルサーフボード・ショップなどもあり、ローカル、ビジター問わず賑わっている。コンディションがいいと混み合うことも。サイズアップして波数も多いときは、センターからのゲッティングアウトがハードになるので、左側の岩場の方から。 
⇒ビーチの映像はこちら

KATA NOI BEACH カタノイビーチ

カタビーチの南に位置する湾。カタビーチよりもワンサイズほど大きい。サイズアップすると地元のサーファーが集まるローカル・スポット。波にもパワーがあり、ブレイクもやや早めでショートボードでも楽しめる。レギュラーもグーフィーもいけるが、岬の岩場から割れるレギュラーがいい。レフト側のインサイドには岩が隠れているので注意!にぎやかなパトンとは違い、「閑静な南の島のリゾート」を満喫できるビーチでもある。カタビーチよりもポイントが狭いので、10人以上入っているときには避けた方がいい。
⇒ビーチの映像はこちら

NAI HARN BEACH ナイハンビーチ

プーケット最南端のサーフポイント。カタビーチからは車で30分。夕日スポットで有名なプロンテプ岬が突き出した、手前の湾。南の果てにあるこのポイントは遠いためローカルは極端に少ない。リゾートの雰囲気は抜群! 南よりのうねりのときはこのポイントが敏感に反応する。カレントが強いので注意が必要だが、風と潮周りさえ合えば海に向かって左端の岩場からの極上のグーフィーを味わえる。プーケットNo.1の絶景サーフポイント!

⇒ビーチの映像はこちら

KHAO LAMPI HAD THAI MUANG NATIONAL PARK カオラック自然公園

カオラックにある国立の自然公園内にあるビーチブレイク。公園内はきちんと整備されており、入園に際し日本円で500円程度を払う。タイドによりブレイクが変わるので、無数にあるサンドバーを要チェック。プーケットと違い、他のサーファーを見かけることはほとんどない。